FX、仮想通貨、投資

ゆっくり5分足スキャルピング(今田雅雄)は稼げない?評判や評価を検証レビュー!

どうも、羊羽太(ひつじはねた)です。

今回は、ゆっくり5分足スキャルピングという商材のレビューをしようと思っています。

FXのスキャルピングトレードがビジネスモデルになっているようで、私自身FXのトレーダーとして生計を立てておりますので、この商材が本当に稼げるのかというのをレビューしていこうと思います。

そして、世間の評判や評価はどうなのかというのも合わせてみていこうと思います。

特商法の表記

販売業者  : 今田雅雄
運営責任者 : 今田雅雄
所 在 地 : 宮崎県宮崎市城ヶ崎1-2-9-201
電話番号  : 0985-52-4850  お問い合わせはメールにてお願致します。
Eメールアドレス : wxti01[*]gmail.com  [*]を[@]に変えてください。
URL : http://wai.gouketu.com/fx-5min-scal.html
商品代金以外の必要料金:VPSを用いる場合はVPSの費用、銀行振り込みの場合は振込み手数料をご負担下さい。
クレジットの分割決済をご選択頂いた場合は分割手数料がかかります。
商品の引渡し時期 : 通常、即日~翌日にお渡し致します。
商品の引渡し方法 : 電子書籍(PDFファイル)他一式のダウンロード
支払方法 : クレジットカード決済 、銀行振込、ビットキャッシュ、楽天Edy、ちょコムeマネー、
販売価格 : 24,800円
表現再現性に関する注意書き : 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、 必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
返品・不良品について : 不良品の返品は商品到着後3日以内にお知らせください。 ただちに良品と交換にてご対応します。 開封済みの商品については商品の性質上、返品をお受けできません。
返金に付いて : 商品の性質上返金は受け付けておりません。
個人情報について : 当方ではお客様の個人情報については、厳正に管理しております。 また、個人情報は法律によって請求された場合、または当サイトの財産や権利を保護 必要が生じた場合を除き第三者に提供することはありません。
責任について : 商材マニュアルの利用において損害等が発生しましても当方は一切 責任を負えません。
事業内容 : インターネット専門の情報商材の製作、販売

特商法とは事業者による違法、悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律で、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルが生じやすい取引を対象に事業者が守るべきルールと、クーリングオフ等の消費者を守るルールを定めたものです。

この特商法を見る限り、しっかりとした情報が開示してあるのではないかと思います。

販売業者、運営責任者が同じですので、おそらく個人運営されているのではないかと思います。

宮崎県にお住いの方ということで、マップで調べてみました。

ゆっくり5分足スキャルピング(今田雅雄)の商材内容は?

ランディングページには

最短、最速で結果を出すなら断然スキャルピング!

シンプルなルールで迷いが少ない、月利100%越えはあなたも余裕で目指せます!

と言うキャッチコピーが書かれていますね。

今回の商材、ゆっくり5分足スキャルピングのビジネスモデルは「FXのスキャルピングトレード」です。

今田雅雄さんは、10数個のシステムトレードと複数の裁量トレードを運用しているそうですが、その中で最も短期間で大きな利益を出せているのが、この「ゆっくり5分足スキャルピング」だそうです。

•もっと早く結果を出したい

•もっと大きな成果を出したい

•最短で資金を増やしたい

のであれば断然スキャルピングです。

そして、今回の商材はルールがとてもシンプルなので、初心者でも迷いの少ないトレードができると言っています。

スキャルピングトレードといのは短期トレード5pips~30pipsぐらいの利幅を狙ったトレード手法になります。

ですので、素早い判断が求められますが、この商材のルールはとてもシンプルでしかもゆっくりトレードできると言うのが特徴だそうです。

5分足スキャルは一回に10pipsを抜きとる手法で、相場の癖を捉えた手法になっているようですね。

トレード例があげられています。

エントリーが完了してしまえば、後はOCO注文で決済するので、チャートを見る必要もなく、時間を奪われる心配もないそうです。

2019年2月4日から2月8日までのトレード実績がありました。

結果は17勝5敗で勝率77.3%、約120pipsのプラス。

という結果だったようです。

10pipsのリターンに対して、10pipsのリスクというルールでトレードを行うそうです。

投資の世界では、損小利大のトレードが基本となっていますが、このルールではリスク1に対してリターンも1ですので、基本には反しているといったイメージですね。

ざっくり内容はこういった感じになっているみたいです。

稼げる?評判や評価は?

評判や評価について調べてみましたが、個人運営の商材と言うこともあり、あまり情報が載っていませんね。

この商材は稼げるのか?

と言う事ですが、個人的には難しいのではないかと思います。

私もFXトレーダーですので、スキャルピングトレードの難しさと言うのはよくわかっています。

スキャルピングトレードは難しいので私自身デイトレーダーです。

今田さんの言うように、確かに相場には癖があり同じような動きを繰り返しながらチャートを形成していきます。

しかし、必ずそのようになるかと言ったらそうでもありません。

あくまで確率論ですので、絶対なんて事はありません。

そして、クロス円、ドルストレート系でのトレードが実績として載っていましたが、クロス円でいうとポンド円なんかの通貨ペアは、値動きが激しく、殺人通貨とも言われています。

10pipsぐらいの値幅なら、一瞬でトレードが終わることも考えられます。

それだけ値動きが激しいと言う事は、エントリーのタイミングを間違えるとすぐ損切りに入ります。

そこがスキャルピングトレードの難しいところでありますので、値動きの激しい通貨ペアでのトレードはこの手法では厳しいのではないかと思います。

そして1番気になったのが、リスク1に対してリターンが1という点です。

リスクとリターンの比率が同じと言う事は、勝つ可能性と負ける可能性が同じ確率と言うことになります。

投資において高い勝率を謳っている商材というのを私はあまり信用していません。

今回の商材は、高い勝率を謳いリスクとリターンの比率が同じでも稼いでいける。

といった内容になっていますので、個人的には危険かなと思います。

勝率は低くても、リスクを小さくリターンを大きくすることで、トータルの収益をプラスに持っていくと言うようなやり方の方が、安心できるのではないかと思います。

そっちの方が、トレードで負けたときのメンタルも保てますし、個人個人の力量の差が生まれにくいというメリットがあるのではないかと思います。

まとめ

今回、ゆっくり5分足スキャルピング(今田雅雄)についてレビューしました。

5分足スキャルピングトレードということで、リスクに対するリターンについて指摘しました。

相場の癖を利用したトレードということでしたが、勝率が高いことを謳っていたところが、個人的に納得いかない点ではありましたね。

今田さんは、このやり方で利益を出せているのでしょうが、果たしてそれと同じように初心者ができるのかと考えますと難しのではないかと思います。

羊羽太が認める商材を紹介!!

私が、本気で稼ぎたい人にオススメしたいのは、FX自動売買です。

世の中には、いろんな商材がありますが、正直私は投資系の商材しか稼げる商材はないと思っています。

なぜかというと、どれもライバルが増えると稼げなくなるような商材ばかりだからです。

それに比べFXは市場がデカすぎるため、ライバルが増えたところで何の影響も受けません。

数ある投資の中で、FXを選択する理由はそこにあります。

自動売買ツールに関しては、いいツールさえ使うことができれば、必ず利益を出すことができますし、何より時間を取らない、経験を必要としない。

というのがかなりのメリットなので、私はFX自動売買ツールをお勧めしています。

私も時間をかけずに利益を出したいと思っており、今までいろんな自動売買ツールを使ってきました。

しかし、稼げないツールというのがほとんどで、そのことも分かっていたからこそいろんなツールを試し、本当に稼げるツールというのを探しまして、何個か私も納得ができるツールを見つけました。

そのうちの1つを今回は、紹介したいと思います。

まず、今回私が紹介するFXの自動売買ツール無料です。

普通なら、ツール代で数十万円とかしますが、今はまだ無料モニターを募っているので無料で設定しています。

月利で20~35%の実績を出しているツールなので、自動売買ツールにしては優秀だと思います。

このツールの詳細や実績なんかを下のURLから見れるようにしていますので、目を通されてみてください。
⇒無料FX自動売買ツールの実績はこちらをクリック!

このツールを活用してみたい、試してみたいと思った方は、下のLINE@から連絡してもらえれば、紹介する事ができますのでお気軽に連絡してきてください。
LINE @ID検索⇒@392zsrao

“友達追加”

本気で稼ぎたい人からの連絡お待ちしております。

では、羊羽太(ひつじはねた)ブログをご覧いただきありがとうございました。